恐ろしい!?美容整形の副作用

手軽にできるからこそ気をつけたいプチ整形

プチ整形とは、メスを使わずにできる美容整形のことをいいます。通常の整形よりも価格が安いため手を出しやすい。なおかつ、メスを使って切ったり削ったりすることもないから、安易に施術を受けようとする人も多いです。しかし、医療行為である以上リスクはつきものです。
プチ整形には、目を二重にする埋没法や、鼻筋を高くするヒアルロン酸注射、シワをなくすボトックス注射などがあります。メスを使った美容整形に比べると、長持ちしません。そのため、少しでも持ちをよくするために、さまざまな薬品を配合しているクリニックもあります。その薬品が体に合わないと肌が荒れたり、赤みが出たりする場合があります。したがって施術を受ける前に、医師にきちんと話をきいてください。

整形依存症になることも

美容整形は、コンプレックスを解消して自信をつける手助けをしてくれるものです。しかし、やり過ぎてしまうと依存症になってしまうことがあります。プチ整形は元に戻る場合が多いです。そのためひんぱんに手術をおこなって、やり過ぎてしまう人もいます。見た目が自然な状態なら問題はありません。しかし、不自然に見えるほどにやり過ぎてしまうと問題です。
これは、メスを使用する美容整形も同様です。メスを使う施術はとくに、やりすぎてしまうと元に戻すことが難しいものもあります。神経を傷つけて麻痺が残ったり、傷跡が消えなかったり、腫れが引かないこともあります。
そうならないためには、クリニック選びが重要です。信頼のおけるクリニックで施術を受けてください。

脂肪吸引は、吸引する部分に穴をあけ、身体に付いた余分な脂肪を取り除く?身施術です。頑張ってダイエットしてもなかなか取れない脂肪が、確実に落とせます。